ESG推進体制

当社グループは、ESG分野の活動を充実させていきます。国際的なビジネスに対応するためのコーポレート・ガバナンス体制の構築、労働人口不足、安全な社会インフラへのニーズ、低炭素社会といった社会・環境課題に対する最先端の技術を通じた寄与、従業員に対する教育の充実、地域社会への貢献等に関して、これまで以上に積極的に取り組むとともに、こうした活動についての情報開示を充実させることで、当社グループが社会にとって不可欠な存在であることを理解していただけるよう努め、中長期の持続的成長の実現へとつなげていきます。

ESG推進に向けた体制の強化

当社では、新たにESG/SDGs推進会議を設置してESG/SDGsに関する全般的な議論を始めています。管理部門分掌の取締役をESG/SDGs推進担当取締役に指名し、経営企画部をESG/SDGs推進事務局としてESG/SDGs推進会議を運営し、社内での浸透やESG活動の整理を推進していきます。

また、常勤取締役を含めた全従業員が参加する年4回のコミュニケーションミーティングや、グループ会社の役員なども参加する経営会議等を通じてESGに関する知識の共有や、ESG投資などに関する投資家動向の認識共有、外部環境の把握を進めています。

その中において、優先度、重要度が高いESGを起因とする論点整理や重要課題が認められた場合には、必要に応じて、取締役会に議題として上程し、社外取締役を含む役員全体で議論を進めています。

message

ESGに関する主な取り組み

G(コーポレート・ガバナンス)

これまでのコーポレート・ガバナンス体制の整備施策

  • ・社外取締役の選任、増員および比率上昇(取締役の3分の1以上)
  • ・取締役会の多様性(女性取締役、外国人取締役、女性監査役の選任)
  • ・コーポレート・ガバナンス・ガイドラインの制定
  • ・諮問委員会(任意)の設置
  • ・その他の会議体の整理やモニタリング、報酬制度変更など
    今後も変化に対応して以下の点を含めた整備を続行
  • ・サクセッション・プランの策定
  • ・あらゆるステークホルダーとの適切なコミュニケーション

E(環境)・S(社会)

  • ・省エネルギー社会・省資源社会への技術を通じた寄与
  • ・少子高齢化に伴う省人化への技術を通じた貢献
  • ・5G(第5世代移動通信システム)やADAS(自動運転システム)などの最先端の技術を活用した豊かな社会創造への寄与
  • ・交通、電力、建設、プラント、農業、教育、環境といったさまざまな分野が抱える社会課題への技術を通じた寄与
  • ・SDGs達成への貢献
  • ・地域社会への貢献
  • ・ESGに関する開示資料・コミュニケーションの充実