福利厚生

イノテックビル

1998年、創立10周年を記念してJR新横浜駅前に完成したイノテックビル。地上14階建ての洗練されたデザインで、晴れた日には高層階の窓から富士山の雄姿を眺めることができます。エントランスと各フロアでダブルガードするセキュリティシステムを採用し、社員は社員証をかざして入室。また、ビル前の並木道は、春の木漏れ日、夏の木陰、秋の紅葉、冬のイルミネーションと、四季折々の表情を見せてくれます。

外観

入り口付近のロビー

1階には開発中のさまざまなデバイスが並ぶ調整室、CPUボードを開発する部署のフロアには技術職の社員が使用できるラボがあり、研究心をくすぐります。全天候型のテニスコート(社屋8階)では、学生時代に腕を鳴らした猛者達がキレのあるサーブを打ち込み、コートを見下ろすラウンジでドリンク片手に観戦することも。また、喫煙・禁煙それぞれの休憩室も完備し、リフレッシュして業務を活性化させています。

全天候型のテニスコート(社屋8階)

ランチタイムに仲間とにこやかにテーブルを囲む社員食堂。外の景色を眺めながら空腹を満たし、午後の元気をチャージするならカウンター席がおすすめ。ちなみに一番人気は鶏の唐揚げ。定期的に特別メニューが登場し、うな丼やサーロインステーキといったご馳走を格安で味わえます。また、巨大なまぐろをまるごと1本持ち込んで、豪快な包丁さばきを披露する「まぐろ解体ショー」も好評。寿司職人が腕を奮い、高級寿司店顔負けの豪華な握りを堪能できます。

社員食堂

「まぐろ解体ショー」も開催

社内イベント

Webマガジンを2ヵ月に一度、社内とグループ会社に送信。
直近の展示会の様子を詳しくレポートしたり、社員のオフタイムの過ごし方や趣味を紹介したりして多彩な話題を取り上げ、イノテックグループ内のコミュニケーションツールとして親しまれています。

2ヶ月に一度社内報が発行される

四半期に一度開催される「コミュニケーションミーティング」では、会社役員が四半期決算の内容を社員へ説明したり、今後の方針を発表している。また、「新年会」は2階のセミナールーム(階段状の部屋)の席を収納し、フロアも上下関係もフラットにして開催。社員食堂が会場となる「社員交流会」はお酒を交わしながらの立食パーティー。社長や役員ともフランクにコミュニケーションがとれます。さらに、部署ごとに企画する「忘年会」ではその一部費用を会社が補助。どれだけ盛り上げられるかは幹事さんの腕次第です!

交流イベントも数多く開催

爽やかなスポーツマンが多いイノテックでは、有志でテニスやフットサル、ゴルフなど各種スポーツを楽しんでいます。フットサルの仲間たちは練習場の体育館で他団体と交流して、マッチメイクすることも。今後はメンバーで大会に出場しながらレベルアップを図っていきます。また、その他に地域の駅伝大会への参戦もあったりと、積極的に活動しています。

社内制度

毎週金曜日はカジュアルフライデー。常識の範囲内で自由な服装が許され、男女ともに自分好みのカジュアルファッションで出社します。また、クールダウンと地球の温暖化防止に配慮して、夏季のクールビズ期間はノータイOK。(ともにお客様と会う場合は例外)

イノテックでは海外の方とやりとりをするため外国語を使うことも。
イノテックでは申請のあった社員に対して、少額ですが語学学習費補助を毎年支給しています。
語学が得意な方も不安な方もこの制度を利用して、語学勉強をしています。

イノテックから世界へ

世界有数の海外ベンダー各社と取引しているイノテック。リリース前に最新製品の情報をいち早く知り、コアな製品知識をたっぷり吸収できるのが魅力です。経験と実績を積みながら、プロジェクトを率いるポジションを任されれば、ベンダーとの今後の戦略方針共有や製品トレーニングのために海外出張する機会も。ワールドワイドに行動し、世界を舞台に活躍するチャンスが待っています。

海外ベンダーとの電話やメールでは英語が日常的に使われています。世界を見据えたビジネスパーソンとして、また国際的な教養人として、あらゆるシーンで円滑に会話できることが求められています。もちろん、入社時に完璧である必要はありません。実践を積みながら磨いていってください。なお、新人研修時代には先輩社員からのフル・イングリッシュの抜き打ち電話で英会話力が試されることも。今から準備を!