設計データ管理― OrCAD Component Information Portal(CIP) ―

統合されたコンポーネント・データ管理と検索

OrCAD Component Information Portal(CIP)とはABOUT OrCAD COMPONENT INFORMATION PORTAL(CIP)

OrCAD® Component Information Portal(CIP)は、OrCAD CIS(部品情報システム)データベース管理とオンライン部品検索のための包括的な環境です。
設計チームは、OrCAD Capture CISとPortalの連携により、共有コンポーネントデータベースと効率的なコンポーネンツ管理プロセスの利点を高いコストパフォーマンスで簡単かつ最大限活用できます。

OrCAD Component Information Portal(CIP)の特長FEATURES

  • コンポーネントデータ管理

    コンポーネント
    データ管理

    直感的なインターフェースにより、コンポーネント情報/パラメータ情報をCISデータベースに直接追加して管理。

  • 最初から使えるライブラリとデータベーススキーマ

    最初から使える
    ライブラリと
    データベーススキーマ

    はじめて使用するユーザー向けに、最初から設定済みの枠組を含むデータベースと5,000部品のライブラリを搭載。

  • ユーザーの役割管理

    ユーザーの役割管理

    ユーザーのアクセス権を定義して、データの整合性を確保し、ユーザーが必要な情報だけにアクセスを許可。

  • 販売代理店データの統合

    販売代理店
    データの統合

    OrCAD Capture CIS内で、数千のサプライヤーにある数百万部品のコンポーネント・パラメータデータに直接アクセス。

  • 新部品の導入

    新部品の導入

    一時使用部品の作成サポートにより、新しい部品の承認や導入と並行して設計を進めることが可能。

  • 総合的なコンポーネント情報

    総合的な
    コンポーネント情報

    部品パラメータデータを自動的にダウンロード。 (例:メーカ型名、特性、価格、在庫数、RoHS対応)

機能 FUNCTION

OrCAD CIPの説明フィールドと部品タイプフィールドのルール構築

OrCAD CIPで説明フィールドや部品タイプ、フィールド用ルールの構築方法。

OrCAD CIPのマルチソースサポートによる製造メーカーと販売代理店のデータの管理

OrCAD CIPで製造メーカーや販売代理店のデータを管理する方法。

OrCAD CIPの権限管理

OrCAD CIPでユーザーに割り当て可能な管理者役割と権限。

CIP Compliance Module

SiliconExpert社の情報データベースからの電子部品情報取得方法。

導入メリット ADVANTAGES OF INTRODUCTION

導入メリット

関連動画MOVIE

  • OrCAD Capture CIS (Component Information System)

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求