OrCADについて

世界水準の電子製品設計支援ソリューション

OrCADとはABOUT ORCAD

アメリカの半導体開発用ソフトウェア(EDA)企業であるケイデンス社が、世界中の設計者を支援するために提供しているソフトウェアです。

ケイデンスは電子設計の分野における中心的なリーダーであり、30年以上に渡り蓄積したComputational Softwareに関する専門知識をベースに製品開発を進めています。
Intelligent System Design戦略の下、設計コンセプトを具現化するためのソフトウェア、ハードウェア、IPを提供しています。
ケイデンスのお客様は世界で最も革新的な企業であり、コンシューマー、ハイパースケールコンピューティング、5Gコミュニケーション、自動車、航空宇宙、産業、ヘルスケアなど最もダイナミックな市場のアプリケーションに向け、チップ、ボードからシステムに至るまで卓越した電子製品を提供しています。

企業名
⽇本ケイデンス・デザイン・システムズ社
主な事業内容
電⼦設計ツールの開発、販売、
およびサポートと設計⽀援サービス
URL
https://www.cadence.com/ja_JP
/home.html
https://www.orcad.com/

プロジェクトの目標を達成するには、PCB設計者や他の設計者による、PCB設計フローの全体にわたってシームレスな作業を可能にし、直観的、かつシームレスに動作する統合的なテクノロジーを必要とします。

OrCAD PCB設計ソリューションでは、フロントエンド設計、アナログ・ミックスシグナル・シミュレーション、シグナル・インテグリティ解析、配置・配線などのテクノロジーを統合的に提供することにより、生産性を大幅に向上させ、市場投入までの期間を短縮します。
個人事業主、中小企業、大企業を問わず、すべての設計者のコンピューターでケイデンスのテクノロジーをお使いいただけるよう努めています。電子設計技術者の次期製品開発の成功を支援するため、高性能なPCB設計テクノロジーを、低価格で提供しています。

OrCAD PCB design suitesでは、最先端の機能と優れた拡張性を業界最高のバランスで組み合わせて提供し、設計要件の拡大に伴って追加できるさまざまなオプション機能を備えています。電子設計技術者は、OrCADによって今日のみではなく、将来の設計課題にも対応できるテクノロジーを入手できるのです。

OrCADの沿革HISTORY

1985年

創設

OrCAD®は、1985年、John Durbetaki、Ken Seymour、Keith Seymourにより、オレゴン州ヒルズボロで「OrCAD Systems Corporation」として創立。Electronic Design Automation(EDA)ソフトウェアを提供するOrCAD社の名前は、創設地であるオレゴン州「Oregon」と業務内容の「CAD」を組み合わせ命名したもの。最初の製品は、1985年後半に初めて出荷したSDT(Schematic Design Tools)であった。

1986年

成長期

1986年、主力製品SDTに続いて、すぐにデジタルシミュレータ、VST(Verification and Simulation Tools)、PCBレイアウトツールを発売。その後、OrCADの製品群は、電子設計者によるFPGA(CPLDを含む)の開発を支援するWindowsベースのソフトウェア製品にまで拡大。CEOで研究開発責任者でもあったDurbetakiが1991年に退職し、後任のCEOにMichael Bosworthが就任。

1995年

買収

1995年6月、OrCADは、PCBレイアウトツールと高度な自動配線ツールを提供していたMassteck Ltdと、OrCADの日本販売代理店インテリジェント・システムズ・ジャパン(株)を買収。

1996年

株式公開

OrCADは株式を新規公募。

1997年

MicroSimの統合

OrCADは、MicroSim社を統合し、PCベースのPCBシステム設計用アナログミックス・シグナル・シミュレーション Pspiceを獲得。

1999年

買収

1999年7月、OrCADとその製品群を米国ケイデンス・デザイン・システムズ社が買収。

2005年

高度なテクノロジー

OrCADは、ケイデンスのAllegro PCB設計ソフトウェアと統合され、PCB設計のあらゆるレベルの課題に対応できる拡張性の高いソリューションに成長。

2014年

新しいOrCAD

2014年、OrCADは新しいブランド・アイデンティティを展開し、新しいロゴと新しいグローバルなウェブサイトを公開。OrCADPCBソリューションとそのお客様に引き続き注力していく方針をブランド・アイデンティティの重点とする。

2015年

30年の実績

電子機器市場と共に成長、進化し、電子機器メーカーが設計の複雑な要件や課題への取り組みを可能にするソリューションを提供し、PCB設計分野で信頼されるブランド実績を構築

2016年

国内総代理店の開始

2016年4月、イノテック株式会社がOrCAD製品国内総代理店として販売・サポート業務を開始

進化するOrCAD

2016年10月、ニーズの高まるIoT、ウェアラブル、無線モバイル機器開発に要求される小型化や信頼性の高い設計への課題に取り組み、OrCAD 17.2-2016をリリース

2019年

OrCADの更なる進化

2019年10月、使いやすさを大幅に改良したOrCAD17.4-2019をリリース