回路図作成 &
部品情報DB連携― OrCAD Capture & OrCAD Capture CIS ―

高速で直感的に使える
PCB回路図設計ソリューション

OrCAD Capture&OrCAD Capture CISとはABOUT ORCAD CAPTURE&ORCAD CAPTURE CIS

OrCAD® Captureは、電子回路の作成と文書化の分野で最も広く使われている回路図設計ソリューションの1つです。部品データを管理し、高度に統合されたフローでエンジニアリング・プロセスをサポートするOrCAD CIS(コンポーネント情報システム)オプションと組み合わせることで、OrCAD Captureは今日の製品開発のコンセプト作成から製造までをサポートする最も強力な設計環境の1つになります。

Captureの特長FEATURES

  • パワフルな回路図入力

    パワフルな回路図入力

    階層、再利用やコンポーネント情報システム(OrCAD CIS)と統合することでバリアント機能により、複雑な回路設計作業を効率化

  • 部品データ管理

    部品データ管理

    コンポーネント情報システム(OrCAD CIS)と統合することで使用部品管理の一元化により常に最新の部品情報で設計が可能

  • PSpice/PCB Editorとのシームレスな連携を実現

    PSpice/PCB Editorとの
    シームレスな連携を実現

    回路図からシミュレーション検証や、PCB Editorとの協調設計も強化し、レイアウトの同期が容易

  • 複数のPCBツールのサポート

    複数のPCBツールの
    サポート

    マルチCADネットリスト・インターフェイスを利用することで、マルチベンダー・フロー内でのOrCAD Captureの利用拡大や一般的なフロントエンドソリューションとして標準化することが可能

  • 充実した設計環境

    充実した設計環境

    日本語化されたメニュー下で、階層設計にも対応。また多彩なパーツを搭載したライブラリダウンロードサービスとの連携により充実の設計環境を実現

  • インテリジェントPDF

    インテリジェント
    PDF

    設計情報を保持したPDFを作成、信号の検索、階層化されたブロックの移動、プロパティの表示が可能

コンセプト作成から
製造までを
サポートする機能 FUNCTION

OrCAD Capture CIS
(Component
Information System)

OrCAD Capture Data Managementで部品を定義し、参照します。

OrCAD Captureで
SIトポロジーを作成

設計の入力中に、回路図から、回路トポロジー探索、コンストレイント開発、シグナル・インテグリティ解析を実行できます。

OrCAD Capture
ネットリスト作成と
デザイン同期

ネットリストの出力方法とPCB Editorとの同期機能について説明します。

Free Viewer
クロスプロービング

CaptureとOrCAD PCB EditorもしくはAllegro PCB Editorで作成したボード。
データ間でパーツ、ネットなど選択時の連携がライセンスを使用しないFree Viewerで可能です。

ライブラリ
プロバイダー連携
ライブラリプロバイダー連携

Captureの標準ライブラリに登録されていないパーツをWebから検索し、回路図に配置できます。

オンラインDRC+
デザインSync

パーツ配置などのコマンド実行毎にリアルタイムでDRC可能です。また、デザインの変更が容易に反映することが可能です。

コンストレイント
コンストレイント

回路設計者が差動ペアや配線インピーダンスの制約条件を入力することで、基板設計者に正確な情報が伝えることが可能です。(CaptureとCapture/CISで設定できる内容に差があります。)

Symbol Editor

マルチパッケージパーツやスプレッドシートを使った、パーツの自動生成が可能です。

アドバンスド・
アノテーション

ページ、ブロック単位など、さまざまな単位でリファレンスコントロールが可能です。

デザインコンペア

二つのデザインを比較し、差分をグラフィカルに表示したり、ExcelやHTMLに出力可能です。

クロスプローブ、
クロス配置

CaptureとOrCAD PCB EditorもしくはAllegro PCB Editor間でパーツ選択時の連携が可能です。

OrCAD Captureの
カスタム設計
ルールチェック

カスタマイズしたDRCを作成し、設計の問題をいち早く発見します。

部品データベースの検索

OrCAD Capture CISの検索機能について説明します。

インテリジェントな
PDF生成

インテリジェントなPDF生成機能により、回路図をAdobe PDF Readerで表示でき、階層構造を保持し、部品へのリンクを含めることができます。

部品とネットの色分け

ケイデンスのOrCAD Captureでは、部品やネットの色分けを設定できます。

BOMバリアントデータ

すべてのレベルのケイデンスのCaptureで、CISデータベースを使用して、コア回路と異なるBOMバリアントを出力。

BOM機械部品データ

ケイデンスのOrCAD Capture CISのリレーショナル・データベースを使用して、BOMに機械部品データを含める方法。

カスタム参照指定子の制御

RefDes制御機能を使用すると、回路図のページ単位、階層ブロック単位のアノテーションを実行できます。

プロジェクトの別名保存

CaptureのSave Project As機能で、CaptureとCapture CISのすべてのユーザーが時間を節約できる簡単なコツをお教えします。

自動配線

自動配線機能により、単調なマウス操作の作業から解放され、エンジニアリングや製品価値の追求に集中できます。

階層化ブロックの画像

OrCAD Captureでは画像を階層化ブロックとして使用できます。

タイトルブロック

OrCAD Captureではタイトルブロックを編集、更新でき、プロパティの自動同期、自動更新も可能です。
ビデオ提供: Parallel Systems
(英国のCadenceチャネルパートナー)

DRCの不適用

OrCAD CaptureのWaive DRC機能は、特定のDRCを意図的に無視させたい場合に有用です。
ビデオ提供: Parallel Systems
(英国のCadenceチャネルパートナー)

プロパティ・エディタ

プロパティ・エディタでは、次のオブジェクトのインスタンスまたは実体のプロパティを編集できます。部品(階層化ブロックを含む)、ネット(バス内の構成要素ネットを含む)、ピン、タイトルブロック、グローバル変数、ポート、エイリアス。
ビデオ提供: Parallel Systems
(英国のCadenceチャネルパートナー)

製品比較 お客様に最適な
Captureは?
COMPARISON

OrCAD CaptureかOrCAD Capture with CISか OrCAD Captureのテクノロジーは、お客様のご予算、デザイン・フロー、そして必要条件に適した特定のレベルの機能性を提供する異なる製品構成からお選びいただけます。
OrCAD CaptureとオプションのOrCAD CISを比較して、どちらがより設計のニーズにマッチするかを確認してください。 

回路図入力と回路設計
回路図入力と回路設計
コンポーネント情報システム (CIS)
コンポーネント情報システム (CIS)

関連動画MOVIE

  • OrCAD Capture CIS (Component Information System)

  • OrCAD CaptureでSIトポロジーを作成

  • OrCAD Capture: ネットリストの作成

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求