ライブラリ作成― OrCAD Library Builder ―

プリ、ポスト・レイアウトのトポロジー抽出とシグナル・インテグリティ解析シグナル・インテグリティ

OrCAD Library BuilderとはABOUT ORCAD LIBRARY BUILDER

OrCAD Library Builderは部品作成向けの自動化ソリューションです。高度なPDFデータシート抽出は、回路図シンボルやPCBフットプリント/ランド・パターン作成を促進し、間違いが起きやすい従来の手動プロセスを排除し、短時間で正確なコンポーネント・ライブラリが作成できます。

OrCAD Library Builderの特長FEATURES

  • 構築時から正確

    構築時から正確

    間違いが起きやすいタスクを自動化し、さまざまなエラー・チェック・ユーティリティを使用することで、作成当初からライブラリの正確性を確保

  • シンボルの作成

    シンボルの作成

    データシートから仕様を抽出し、フォーマット化し、OrCAD Captureに効率的に出力することでシンボル生成に費やす時間を短縮し、エラーを削減

  • IPC-7351準拠のフットプリント

    IPC-7351準拠の
    フットプリント

    ベンダーのデータシートから直接IPC-7351仕様のフットプリントを自動的に構築したり、カスタムな要件定義も可能

  • シンボルとフットプリントのチェック

    シンボルと
    フットプリントの
    チェック

    シンボルとフットプリントを1つのGUIに表示できるため、両者が一致しているかどうかを簡単にチェックでき、必要であればクロスプローブも可能

  • 3Dモデルの生成

    3Dモデルの生成

    フットプリント・データからSTEPモデルを自動的に生成し、3D表示用の正確なメカニカル・モデルを構築

  • ワークフローを高速化

    ワークフローを
    高速化

    PDFデータの抽出、フットプリントの作成、出力の検証が単一の環境に統合されているため、ワークフローを劇的に高速化

関連動画MOVIE

  • OrCAD Capture&OrCAD Capture CIS

  • OrCAD PCB Designer