基板解析― OrCAD PCB SI & OrCAD Sigrity ERC ―

プリ、ポスト・レイアウトのトポロジー抽出とシグナル・インテグリティ解析シグナルインテグリティ &
PCB設計者向けのシグナル・インテグリティの電気的チェック

OrCAD PCB SIとはABOUT OrCAD PCB SI

OrCAD® PCB SIは、強力なシミュレーション・テクノロジーを搭載した統合解析環境で、回路図設計からボードの配置・配線までの設計プロセス全体でシグナル・インテグリティ(SI)の問題の発見、対処を支援します。レイアウトの前後でトポロジー抽出、信号解析、検証が可能です。OrCAD PCB SIを使用すれば、回路の信頼性が向上し、PCB設計フロー全体で既知の優れたインターコネクト要件の利用を推進でき、リスピンを減少できます。

OrCAD PCB SIの特長FEATURES

  • 探索と検証

    探索と検証

    プリ、ポスト・レイアウト信号解析機能を活用すれば、設計サイクルのどの段階でもインターコネクトの探索、管理、検証が可能

  • 回路の最適化

    回路の最適化

    インターコネクトの探索、解析、設計を通して、プロトタイプとリスピンを削減し、これにより、回路の信頼性とパフォーマンスが向上

  • 統合化された設計フロー

    統合化された
    設計フロー

    OrCAD PCB EditorやOrCAD Captureに直接統合されているため、シミュレーション時に設計データベースを変換する必要なし

  • 高品質なインターコネクト

    高品質な
    インターコネクト

    解析結果を埋め込みコンストレイントとして使用することで、設計フロー全体で既知の優れたインターコネクト要件の利用推進が可能

  • 拡張可能なモデルのサポート

    拡張可能な
    モデルのサポート

    業界標準のIBISフォーマットと汎用SPICEモデル、その他カスタム・ビルド・モデルをサポートしており、シミュレーションの時間を短縮

OrCAD PCB SI 製品情報 FUNCTION

OrCAD PCB SIは、OrCAD PCB Designer Professionalに含まれるOrCAD PCB SI製品の機能限定バージョンです。 OrCADのテクノロジーは、お客様のご予算、デザインフロー、そして必要条件に適した機能を有する複数の製品ラインナップからお選びいただけます。OrCAD PCB SIに含まれる機能をご確認ください。

シグナル・インテグリティ・シミュレーション
シグナル・インテグリティ・シミュレーション
* OrCAD PCB製品のライセンスが必要です。

OrCAD Sigrity ERCとはABOUT ORCAD SIGRITY ERC

OrCAD® Sigrity™ ERC(電気的ルールチェック)により、PCB設計者がシミュレーション・モデルの割り当てや、SIの専門家にならなくてもPCBデザインの信号品質をスクリーニングすることが可能になりました。ジオメトリベースのDRCにとどまらず、PCBデザイン全体のインピーダンスのばらつき、過度のクロストーク、リターンパスの不連続を評価できます。OrCAD Sigrity ERCを使用することで、PCBレイアウトの段階で信号品質の問題を発見、対応が可能で、SIの専門家に過度な負担をかけることなく設計時間全体を短縮できます。

OrCAD Sigrity ERCの特長FEATURES

  • OrCAD PCBレイアウトへの完全な統合

    OrCAD PCB
    レイアウトへの
    完全な統合

    ERCとレイアウトをクロスプローブすることで、信号品質の問題を発見し、OrCAD PCBのレイアウトキャンバス内で変更を実行。

  • 簡単な設定

    簡単な設定

    設定は簡単でシミュレーション・モデルの割り当て作業やSIの専門家にならなくても設計のERC解析を実行。

  • PCB設計者向けのERC

    PCB設計者向けの
    ERC

    トレースのカップリングチェック、トレースのインピーダンスチェック、ネットのカップリングチェックなどを実行することで、ジオメトリベースのDRCでは見逃してしまう信号品質の問題を特定。

  • 包括的な結果の一覧表

    包括的な
    結果の一覧表

    包括的なグラフィカルでわかりやすい一覧表が提供する結果を操作して、重要な信号品質の問題に対応。

  • 高度な信号品質チェック

    高度な
    信号品質チェック

    電気的ルールチェック(ERC)の違反が与える影響を評価し、高度なタイム・ドメインのシミュレーション・ベースのルールチェック(SRC)とのトレードオフを検討。

  • 将来を見据えた拡張性

    将来を見据えた
    拡張性

    将来生じる技術的課題に応じて設計技術や製品を拡張でき、最大限の投資効果を発揮。

関連動画MOVIE

  • OrCAD PCB SIとは?

  • OrCAD PCB SI

  • PCBからのSI