お問い合わせ

サイトマップ | English

イノテック株式会社
HOME > IR情報 > 株主の皆様へ

IR情報

株主の皆様へ

代表取締役会長 澄田誠 代表取締役社長 小野敏彦中期経営計画に基づく施策を進め、
期初の予想を上回る成長へ。

当期の経営環境や業績についてお聞かせください。

2015年度(2016年3月期)におけるわが国経済は、企業業績や雇用環境に改善が見られたものの、年明け以降の円高・株安傾向もあって景気回復は足踏み状態となり、先行きには不透明感があります。

イノテックグループが参画する先端エレクトロニクス業界では、民生機器関連で厳しい状況が続いたものの、自動車産業向けの車載機器関連や、スマートフォンやタブレット端末などの通信機器関連は堅調に推移しました。

こうしたなか、当社グループは設計開発ソリューション、プロダクトソリューションの両事業において、より高付加価値な商品・サービスの提供に努めることで、既存顧客との関係強化や新規顧客の開拓を行いました。その結果、売上高は312億43百万円(前期比18.0%増)、営業利益10億12百万円(同40.0%増)、経常利益11億62百万円(同23.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益7億40百万円(同33.8%増)と増収増益を達成できました。

今後の成長に向けた戦略や来期の業績見込みをお聞かせください。

当社グループは、環境変化のなかで持続的な成長を実現するため、中期経営計画のもとに大胆な事業構造改革を推進しています。すでに、各事業でその成果が現れつつありますが、来期はプロダクト・ポートフォリオ変更の過渡期に当たることから、撤退事業からの売上減や研究開発費の増加などにより減収減益となる見込みです。

計画の最終年度となる2018年度(2019年3月期)に向けて、各事業領域においてソリューション・ビジネスへの転換やグループシナジーの創出に努めることで、構造改革の成果を早期に生み出していく所存です。株主の皆様には、今後の成長にご期待いただくとともに、変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2016年6月
代表取締役会長 澄田 誠
代表取締役社長 小野 敏彦
ページトップ
お問い合わせ
ライン
ライン イノテック株式会社