Skip to main content
EMA OrCAD

 

 

 ISO 26262 

 ケイデンス OrCAD製品を含む、業界初めての包括的な「TCL1適格」認定を取得

 

 

  2017年10月 発表

  要点:

  ・自動車機能安全マーケットにおいてEDAの重要性が高まっている状況を反映し、TÜV SÜDによって確立された新しいレベルの認証

  ・車載向けLSIの設計者は、TÜV SÜD認定データベースを通じてフローレベルの認定を容易に検証

  ・ISO 26262に準拠したPCB設計(OrCAD/Allegro)および検証フローのドキュメントを新たに認定、さらに既存のカスタム設計

         および検証フロー、Virtuoso Liberate Characterization Solutionを組み込み拡張されたデジタルインプリメンテーションおよび

         サインオフフローに対してもドキュメントを認定

 

  ケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)は、10月11日(米国現地時間) 、

      国際的第三者試験認証機関であるTÜV SÜDより業界で初めて包括的な「Fit for Purpose – Tool Confidence Level 1 (TCL1) 適格」

      の認定を取得したことを発表しました。これにより、車載半導体メーカー、OEMおよび部品ベンダーは厳しいISO 26262自動車機能

      安全規格の要件を満たすことができます。ケイデンスは、TÜV SÜDによる認定を得るためにツールとフローのドキュメントを提供し、

      TÜV SÜDはケイデンスフローがASIL AからASIL Dまで車載向けLSIの設計プロジェクトにおける使用に適していることを確認しま

      した。この機能安全ドキュメントはCadence Automotive Functional Safety Kitsとしてまとめられており、アナログ・ミックス

      シグナル、デジタルフロントエンド設計検証、デジタルインプリメンテーションとサインオフ検証、およびPCBの4種のフローと、

      それに含まれる約40種のツールをカバーし自動車産業をサポートする最も幅広いEDA認定ツールとフローのドキュメントとなってい

      ます。ケイデンスのお客様は、ホームページ www.cadence.com/go/iso26262cert上でCadence Automotive Functional Safety

      Kitsを通じてツールやフローのドキュメント、TÜV SÜDの技術レポートを簡単に参照することができます。

 

 

  TÜV SÜDとCadenceの両社は、自動車機能安全市場向けEDAソリューションの重要性が高まっていることを受け、ISO 26262に準拠

      するための車載LSI設計者のプロセスをさらに容易にするために、新しい認証レベルを追加する必要があると判断しました。 Cadence

      のフローレベル認証は、TÜV SÜD認定データベースを通じて検証できます。

  この新しい認証モデルでは、各ツールフローの機能安全ドキュメントキットに対して5年間有効な証明書が発行されています。 TÜV

      SÜDは、ツールフローに対する更新内容とISO 26262準拠性に対する影響を少なくとも年に一度確認する予定です。

 

  TÜV SÜDによる「TCL1適格」認定を取得し、Cadence Automotive Functional Safety Kitに含まれているツールフローのドキュメン

     トは、次のとおりです。

 

  ・PCB設計(OrCAD/Allegro)および検証フロー:PCB設計に向けて新たに認定されたフローにおいては、デザイン生成からシミュ

         レーション、物理設計、検証まで網羅するケイデンスのOrCAD®、PSpice®、Allegro®製品群が含まれています。これらの製品

         群に含まれる高性能な設計エントリー、シミュレーション、およびレイアウト編集ツールは、設計エンジニアが個々の回路スペッ

         クに必要な機能安全要件を検証し、設計の信頼性を得るための統合環境を提供します。

 

  ・アナログ/ミックスシグナル設計、実装、検証フロー: 本フローにおいてはCadence Virtuoso® ADE Product SuiteおよびSpectre®

         Circuit Simulation Platformを使用して、トランジスタレベルの設計をデザイン生成およびシミュレーションからフィジカルインプ

         リメンテーションおよび検証まで設計に必要なステップをカバーします。 Cadence Virtuoso ADE Verifierは、設計エンジニアに対

         して個々の回路スペックに対する機能安全要件を検証し、設計の信頼性を確認するための統合された手段を提供します。

 

      ・デジタルインプリメンテーションとサインオフ検証フロー:このフローはRTLからGDSIIへのインプリメンテーションおよびサイン

         オフ検証をカバーします。 Cadence Virtuoso Liberate™ Characterization Solutionは、このフローには新たに本フローに追加され、

         車載向け設計の実装と最終検証をサポートする以下のツールを含む既存の13のツールに組み込まれました。Cadence Innovus™

         Implementation System、Genus™ Synthesis Solution 、Modus™ Test Solution、Tempus™ Timing Signoff Solution、Quantus™

         QRC Extraction Solution、Voltus™ IC Power Integrity Solution。

 

  デジタルフロントエンド設計および検証フローに関するドキュメンテーションキットについては、ISO 26262に準拠していることが既

      に評価、確認されており、2017年第4四半期中に認定を取得する予定です。このフロードキュメンテーションキットには、RTL設計から

      検証までの仕様が含まれています。フロントエンドのデジタル設計ツールには、Cadence Genus™ Synthesis SolutionとConformal®

      Equivalence Checkerが含まれています。機能安全に関する検証機能はCadence Verification Suiteに含まれる以下の製品によって提供

      されます:Cadence JasperGold® Formal VerificationPlatform、Xcelium™ Parallel Logic Simulator(2017年第4四半期にフロード

      キュメントに追加予定)、Palladium® Z1 Enterprise EmulationPlatform、Protium™ FPGA-Based Prototyping Platform、vManager™

      Metric-Driven Signoff PlatformおよびIndago™ Debug Platform(2017年第4四半期にフロードキュメントに追加予定)など。

 

  TÜV SÜDコメント

  Günter Greil氏(head of the generic functional safety components department)

  「ケイデンスと協力し、ドキュメンテーションの認証プログラムを確立することはASIL AからASIL Dプロジェクトにおいてケイデンス

      のツールチェーンを使用するユーザーにとって大変有益であると判断しました。 車載半導体メーカー、OEMおよび部品ベンダーは大変

      厳しい納期を守ることが求められており、その中でISO 26262規格にも準拠しなければなりません。この新しいドキュメンテーション

      プログラムにより、顧客はツールの認証取得にかかる時間を短縮し、製品の革新に注力できるようになります。

 

  ケイデンス・コメント

  Raja Tabet (corporate vice president, Emerging Technologies)

  「ケイデンスのフローレベルでのドキュメント化に対するアプローチは、車載向け部品ベンダーがさらに容易にISO 26262規格に準拠で

      きることを目指しています。事前に認証されたドキュメントを提供することにより、お客様が認証に向けた目標を達成するために必要な

      労力を大幅に削減します。このアプローチによって得られる柔軟性と便宜性がお客様にとって有益であることを期待しています。今回の

      TÜV SÜDとの提携による、フローレベルでのドキュメント認定と新しい「Fit for Purpose – TCL1適格」認定マークの作成は、私たちの

      自動車市場へのコミットメントであり、車載半導体メーカー、OEMおよび部品ベンダーによる新たなソリューションの創出をサポート

      します。」