異常検知システム事前に異常検知して安全と効率を担保

事例概要

事例詳細

工場内監視を行われているお客様から「異常状態」を検知し関係者に通知させたいというご要望を頂きました。
同時に「従来より設置されているカメラを極力流用して対象範囲の画像を取得したい」、
「撮影される膨大な画像から人の判別を現場(エッジ)で行いたい」、
「判別結果をその場で関係者に知らせるとともにクラウドにも必要データを展開したい」
といった要件も頂きました。
イノテックではこのようなケースに対し、高いCPU/GPU性能を備えたエッジリッチコンピューティング向けEMBOX(EMBOX®Type900、EMBOX®Type990)を提供しています。
そちらを用いて PoE対応のネットワークカメラを接続して対象領域の画像を撮影し、機械学習/Deep Learningを用いて人検出および異常状態の判定を行います。
判定結果はネットワークを介して即座に関係者へ通知され、同時にクラウドへ展開されます。
このようにして現場での安心な監視ソリューションを実現しました。

お見積り・導入についての
ご相談はこちら

この導入事例に
関連する製品